山口県防府市を拠点とした釣行記です。県内あちこちを縦横無尽に駆け回りながら釣りをします。

ねぎねこドットコム

2020イカメタル、スタート

投稿日:

6月になりました。

いろいろあった諸事情も解決、とはいえコロナ第2波(九州気になるね……)にも十分に気を付けないとね。

しっかりと感染対策、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

さてさて、とうとうイカメタルの季節が始まりましたね。

今年はどうなりますか、と気にはなるものの、行ってみないと分かりませんしね。

約半月前に船長さんにお願いしまして、今期初のイカメタル催行となりました。

ツイッターのタイムラインにもイカメタルの釣果がボチボチ並んでたりしますしね、ちょっとだけ期待。

【萩エリア、5月29日(金曜日)、実釣22:50~翌4:30、晴れ、小潮、水温?℃、月齢5.9】

 

ということで、数日前から眺め続けていたWINDYですが、穏やかな感じがずっと続いてた雰囲気です。

今回は一昨年のラスト釣行(ブログリンク)の時に酷い目にあわせた後輩君が同行してまして、個人的に海況は気になってたんですよね。

かなりのトラウマ案件だったみたいで、会うたびに「あの時のが異常なんですよね?」って問うてくるもんですからね。

いや、マジで初体験って大事だよね(本当にごめんよ)。

 

実は昨年も同じタイミングでイカメタルに出てたようでして(ブログリンク)、山陰イカメタルとしてはまだまだ今から、ってなタイミング。

そして、同行してくれたメンバーさんは昨年と同じくワタルさんっていうね(笑)。

なかなか難しい季節ですから、好きな人じゃないと率先して手を挙げてくれにくいタイミング……ワタルさんイカメタル大好きってことですのでね。

いやいや、本当にありがたい話です。

 

お世話になりますのは北瀬丸さん。

前の予約もないので、ってことで早めの22時出航予定。

仕事を終えてから宇部の義父を迎えに行き、のらりくらりと仙崎まで。

ちょっとトラブルがありましてスタートが遅れてしまいましたが、22時15分くらいにはスタートできました。

 

船長曰く、「小さいアタリが取れんと釣れんかも知れん」となかなか不吉な予言。

まだまだイカの着き場が特定できてないみたいで、どこに行こうか迷ってるってな話らしい。

行かなきゃ分からないのを知ってて「釣れるところに連れてってください(笑)」なんてお願いしまして、ちょいと萩の方まで出てみましょうってことになりました。

ポイント到着、アンカー固定、集魚灯点灯して釣りスタートです。

水深は約60m、20号スッテを落としますが、ラインがどんどん左に流れていきます。

上潮で流されているようで、着底時のリールカウンターの表記では65mくらい。

思ったよりも流されてないですね。

 

開始直後はボトム付近、っていう固定観念がありまして、ボトムを丁寧にやってたんですが……なかなか当たらない。

たまぁに「テンっ」っていう明確なアタリが出るんですが、合わせても乗らないんですよね……。

船長といろいろお話しながら釣りをしていましたが、スタートから全層探りでやってみた方が良いよ、と。

どこに着いてるか見当もつかないので、いろいろやってみた方が良い、とのこと。

 

開始後しばらくしてミヨシ側でヒット!

船内で揚がるとテンション上がりますよね!

ヒットはボトムらしい、さあ続け!と頑張りますが……遠いなぁ……。

 

分からないなりに釣りを展開していたビギナーのH君の竿もなんだか曲がってる。

「これって釣れてるんですかね?」なんて言いながらとりあえず巻いてみると……釣れてる~!

めっちゃ嬉しそうです、見てるこっちも嬉しい(トラウマが少し消えたみたい)。

 

ねぎさんと義父さんだけが取り残されてます。

ねぎさんも義父さんも焦ってます。

再々「トンっ」とか「タンっ」とかって分かりやすいアタリが出るのに、ぜんぜん釣れない。

 

魚探に映るベイトを見るにおそらく50mくらいじゃないかな……って船長が言いますので、そこいらを重点的に。

船長とああだこうだといろんな話をしていたのですが、完全に気の抜けたタイミングで重みの乗る竿。

殺気か?殺気なのか?

意図せず釣れちゃってぼ抜け(笑)。

 

みんなの話を聞いてみると、変に誘いをかけずに、放置していた方が乗りが良いみたい。

H君も意図せずそんな感じだしね。

 

船中のイカのほとんどがスルメだったり、そもそもイカが薄いってこともあったりで、約半分時間を費やした辺りでポイント移動を決意。

ちょっとだけ移動して再開。

水深はほとんど変わらず約60m。

一時船中でボトムに着いてるイカが連続ヒットってな場面もありましたが、なぜかねぎさん1匹も釣れない……。

いつしかボトムのイカも当たらなくなってしまいました。

ベイトの映り方では30-40mのラインかもね……ってな話もありまして、ねぎさんは全層探り。

ねぎさんは35mくらいに着いてたイカを幾らか捕まえました。

写真は途中経過。

昨年船の改造をしたってことでして、船内循環設備搭載、足元の箱にイカが活かしておけます。

 

結局イカの棚も定まりきらず、数は伸び切らない感じ。

ほんのりと空が明るくなり始めた時点で終了~。

1人10-20ハイってな感じですね。

 

昨年が壊滅的な感じだったこともあり、結果としてはたくさん釣れたわけでもないのにすごく満足感の高い釣りでした。

前回は船酔いで竿すら持ててないH君も「すごく楽しかった!」なんて言ってくれましたしね。

実は今期あと4回ほど北瀬丸さんにお願いしていたのですが……前後の時間調整が難しいってことで差し当たり次の予定が駄目になってしまいました。

残りの日程も恐らく厳しいでしょうって話ですのでね……(一応次の手は打ちました)。

 

今年のイカはどうなりますかね?

このまま上向いてくれると嬉しいんだけどなぁ。

イカ、たくさん釣れますように!

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

ボタンを押すと更新通知が届くよ!






-海水釣行
-, ,

Copyright© ねぎねこドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.