山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこドットコム

雨風と楽しいアジ釣り

投稿日:

部署を転じて約2ヶ月が経過しました。

少し仕事を覚えたかと思うとまた新たに覚えることが出てくるよね。

忙しい毎日、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

身体が老化しておるのでしょう、疲れが取れません。

天候があまり……ってのもあるのですが、なかなか夜分に釣りに出掛ける元気が出なくて、めっきり釣りに行く頻度が減ってしまっています。

昨晩も週末とあり疲労は蓄積……一昨晩から日中にかけては警報が出るほどの雨……。

一応天気予報や風予報なんかを見てみるのですが……うーん、イマイチ。

 

しばし悩んではみたものの、やっぱり釣りに行きたいっていうのは根底にはあるんですよね。

週末ですしね、次の日は休みですので、少々無理をしてもどうにかなるでしょう。

ってことで風予報を信じて背中から風を受けれるアジポイントへ。

 

道中、ざっと大粒の雨に降られたりもしましたが、現地着時点ではやんでるか霧雨かって感じ。

風は……まぁ釣りは出来なくはないかな。

週末ってのにこんな環境だからか、先行者はありません。

 

銀ちゃんにSF-HEAD1.2g、ドラゴンテイル2.2inchで行きまーす!

スタート時点では潮が緩く右に流れる展開。

ライズは見えません、雨の影響もあってちょっと沈んでるのかな?

フルキャストからのレンジサーチ。

手前側では小さなサカナがワラワラっと群れになってボールを形成。

たまに小さいアジがバイトしてくる感じ。

手前数メートルは狙ってるアジは居ないようなので、ある程度巻いたら回収して再びフルキャスト。

 

1mくらいのレンジと、4mくらいのレンジにアジっぽいアタリあり。

レンジを外すとアタリが消えます。

こういう釣りって楽しい。

 

1mをキープしていると不意に訪れる暴力的なバイト。

まるでメバルのソレですが、アジです。

このポイントでこういうバイトが出るってことは、まだ潮が効いてないんでしょうね。

バイトが粗雑なのはアジが方向を定めず動き回ってるからじゃないかな、って思ってます。

バレないようにそろっと抜き上げますが、テンションが抜けてしまうと即フックオフ。

陸上にあがってたらまあ良しですが、広報用に使いたい口にリグが掛かっている写真はしばし撮れず。

 

そうこうしているうちに潮の動きが変わってきました。

やや左に動いたかな、って思ったんですが、そのまま沖に払い出すような流れに。

このポイントの潮の流れは本当に面白い。

立ち位置がちょっと変わるだけで流され方が変わっちゃうので、釣れ方も一緒に変わっちゃう。

 

払い出す流れ、ってことは恐らくアジはこっちを向いてることが多いんでね。

アジから見ればワームは後ろから前の方に動いていくような感じに見えるのかな?

リグはやや浮き上がりやすい流れですので、風の向きと潮の向きを換算しながらちょっと斜め方向からアプローチします。

真後ろからリグが来るってのはちょっと不自然な気がしないでもない、っていうのかな。

斜めから入り込んでくる方がそれっぽいよね?(知らんけど

割ときびきびとアクションを入れてやるほうがバイトは出やすいんですが、アジが追ってこないと深いバイトにはならないんで、ちょんちょんっとアクションを入れた後にテンションを抜かない程度に少し送り込んでやると良い感じにアタリが出ます。

いろいろ写真を撮っているうちに変な場所にリグが移動……まぁいっか(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

写真を撮るときにいつも思うんですが、自分の美的センスの無さですよね。

 

アジの定位しているポイントはだいたい把握。

風がフォローしてくれるのでジグ単で釣れてますが、無風だとちょっと届かない場所っぽいです。

少し沖目のところにぽろぽろっと。

そこにリグを送り込んでやる釣り。

アプローチがちょっと違うと、モゾモゾとかツツツみたいなワームだけ齧られてるようなバイトになります。

はい、こういうのすごく好きです。

と、アジ釣ってたらアオリが釣れちゃいました。

これまた写真のセンスの無さが泣けてくるんですがね……。

サイズ感出したくてアジ挟みを並べてみたんですが、妙な遠近法が成立しちゃってアオリが小さく見えちゃうっていう(´-`).。oO

 

後に少しアジを追加しましたが、ちょっと雨が強くなってきまして。

ペースもなかなか伸びないのと、地味に雨を受け続けてヒンヤリセット(過去記事リンク)が異常に寒さを提供してくれてカラダが震えだすっていうのと。

もう少し釣りたいところではありますが、風邪を引いてもいけないのでね。

 

最後にちょっとだけ試してみたかったことを試してみました。

ジギングタックルでキャスティングは出来るのか?を検証。

そのためだけにオフショアタックルを積んできてました。

60gのジョイントベイト176をくっつけて、いざ!

ぐにゃん!

まぁ投げれるんですけども……ぜんぜん飛びませんね(´-`).。oO

いつキャスティングをするのか、ってのはまぁアレなんですが、キャスティングやってみたいよね。

とりあえず1タックル……って考えてるんですけどね、なかなか難しいですよね。

まぁ暫く買えないですけどね。

 

無事に帰宅しまして、ころっと寝落ちてました。

インチクをぐりぐり巻いて青物を狙ってたんですが、見事にボウズを食らった夢を見ました。

釣りに飢えとるなぁ……。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク






-海水釣行
-, , , ,

Copyright© ねぎねこドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.