山口県防府市を拠点とした釣行記です。県内あちこちを縦横無尽に駆け回りながら釣りをします。

ねぎねこドットコム

アジを求めて小旅行

更新日:

早くも9月になってしまいました。

時間が経つのは早いものですね。

頭痛と目眩がだんだん強くなる、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

釣り欲が低下しているのはきっと魚が釣れないから、ってのが真相なんです。

多少なり釣れればね……。

そんな感じで過ごすここ最近の毎日、仕上げたロッドの受け渡しも兼ねつつって感じでしょうが、秀星さんから釣りのお誘いを受けました。

人生初?となる離島でのナイトゲーム。

こんなご時世ですのでね、感染対策はしっかりと。

【周南(大津島)エリア、8月29日(土曜日)、実釣19:00~翌6:00、晴れ、中潮、水温?℃、月齢9.5】

 

オヨメからもすんなり許可を頂きまして、夕刻にはフェリー乗り場に到着。

いろいろと荷物もありまして、のらりくらり準備です。

もう少しで出発……って思ってたら、同行のたくやくんが「乗り場違います」なんて声を掛けてくれて(笑)。

早めに声を掛けてくれて助かりました。

荷物を引いてフェリーに乗り込もうとすると、「その荷物お金かかるんだけど」と船員さん。

別にお金払いたくないなんてゴネるつもりも無いんだけど……なんか言い方よね。

 

ほぼ定刻で出発、僅かな時間で大津島到着です。

沢山の荷物を運ぶ傍ら、出来れば良いポイント押さえたいってことで、たくやくんダッシュ命令(若くて痩せてるっていいね)。

前便で先行されてたら二進も三進もって感じでしたが、狙いのポイント確保出来ました。

 

今回の狙いはアジ、あわよくばロックフィッシュ、いい感じのアジが釣れれば泳がせも、ってな具合。

ねぎさんはアジ狙い。

大津島には1度だけファミリーフィッシングで訪れたことがありますが、ナイトゲームは初めて。

 

タックルの準備を……ってライト忘れてる〜!

ここまで来てライトが無いとかなかなかの試練です。

しかも秀星さんも忘れてきてるとか(笑)。

明るい常夜灯の下でしたので、ライトなしでもなんとかなりそうなのが救いです。

 

釣りスタート。

たくやくん曰く、ボトムらしい。

かなり潮が早くに湾内に向けて流れ込んでいます。

1.2gをリグっていましたが、到底ボトムが取れそうにありません。

2.4gに変えて潮の動きを確認している間にぽんぽんとたくやくんがアジをキャッチ。

ふむ、これはこれは。

 

しばらく悩んでいましたが、表層の目に見える潮に比べ、底の方はあんまり動いていません。

アタリの出方から察するに、アピール強めなワームだと深いバイトには繋がらなさそうな感じ。

こういう時にこそ使いたいラニーノーズ。

重さは変えずにワームのみチェンジ、からのアタリの増大。

撮ってもらいました。

まるでどこかのメーカーの人みたいです(笑)。

 

それっぽいアジが釣れましたので、秀星さんは泳がせタックル追加。

しばらく置いておいたところ、むいむいと糸が出されていきまして、フッキングからのファイト。

かなり大きなハモが釣れました。

 

緩急いろいろ、長丁場になると潮の変化の推移も感じられますね。

いつもは長くても2時間っていうような釣りのスタイルですのでね。

帰れない、ってのはかなり心理的負担が大きいですが、それはそれで勉強になることも沢山あります。

 

潮が緩んだタイミング、常夜灯に着いてそうな雰囲気もってなことで、リグをいっきに軽くして上層狙い。

1.0gにラニーノーズ、カウント10秒から30秒辺りをサーチ。

軽リグだと繊細なアタリの表現力が増幅されるような印象で、さっきまでの2.4gでは出てなかったアタリが取れるようになりました。

プチラッシュとでも言わんばかり、1投1匹みたいな感じが続きます。

 

幾らか数を稼ぎましたが、急にアジが消えてしまいました。

潮に乗って流れてくるアオリさんをサイトで釣ったりしながら惰性の釣り。

ずっと立ちっぱなしで釣りをしているのもあり、足も腰も痛くなってきました(ジジイ)。

 

秀星さんはゴロゴロと寝ておりましたが、カップ麺食べるか?って聞くと起きました。

確かこのタイミングで3時過ぎ。

アジの着き場が最初に戻ったような感じ、ボトムら辺をフワフワさせてると当たりますが、数は激減。

 

一旦お片付けをしてポイント移動です。

朝まづめはこちらでロックフィッシュ狙い。

新たに購入したゾディアスでリグを投げてましたが、アタリこそあれノーフィッシュ。

3人ともに魚はキャッチ出来ず、6時に納竿です。

 

陽も強く射しはじめ、疲労と熱気とにやられてグッタリ。

帰りのフェリーを待つ際に、おじさんから声を掛けられました。

「アジ?たくさん釣れたかね?ワシはねぇ、今から徳山にチヌを釣りに行くんよ!ルアーでね!」とニコニコ。

恐らく島の方なんでしょうが、島からわざわざ本島に渡ってチニングらしいです。

隣の芝生は青いってものか、確かにチニング向きな河川はありますけどね、島でもチヌ釣れそうだけど(笑)。

 

ってなことで、7時半頃にようやく本島へ帰ってきました。

楽しかったし勉強にもなりましたが、めっちゃ疲れた……。

ただ、やっぱり魚が釣れるってのはモチベーションにかなり大きな影響を与えてます。

 

9月に入り、台風の話も湧いて出ましたし、気温も幾らか下がりますかね。

魚が釣れるようになると良いんですけど。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

ボタンを押すと更新通知が届くよ!






-海水釣行
-, ,

Copyright© ねぎねこドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.