ライジャケ追加購入〜

ちょっと気分の波に揉まれてます。

汗をかきながら冷や汗もかく。

自律神経ヤレヤレ、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

コントロール下においておきたいのですが、そうそう思い通りにもいかず。

ちょっと気分の変動が大きいので要注意……とか思いながらコントロール出来ない領域に突っ込みつつ。

今年もこの波を乗り越えられるのか。

さて、今月の期間限定ポイントですが、13500ポイントくらいありまして、何を買おうかな案件です。

特別必要なものもないし(……ってその時は思ってたけど、今は要るものあるんだよねぇ)、ライジャケ追加しようかな、とか思ってたし。

ってことで、ライジャケ探してネットの世界をさまよってましたが、まあまあ高いよね。

◆ブルーストーム(Bluestorm) 小型船舶用救命胴衣 タイプA 国土交通省型式承認品 桜マーク 自動膨脹式ライフジャケット[水感知機能] サスペンダータイプ

そんな中で見つけたこの商品。

信頼の高階であります。

新しい設計で、レールシステムとやらを採用して非常にコンパクトになりました、と。

値段もなぜかちょっとだけ安かったのでポチッと。

試しに着けてみましたが、確かにコンパクト。

ちょっとコンパクト加減が首元に集束されるので、首周りが窮屈な感じになりますが、これが実際の釣りの場面でどうなるか……。

 

自分用のは既にあるので、これは予備(気分で使い分けよう)。

子供でも使えそうな感じでしたので、ファミリーフィッシングの時にオヨメや大ねぎや中ねぎに装着させよう。

か、一緒にオフショア乗る人へのレンタルかな。

本当は子供を船に乗せてみたいんだけど、大ねぎちゃんは乗り物酔い酷いし、中ねぎくんは30分で家に帰りたくなる人だし、小ねぎちゃんはまだちょっと怖いし……。

いつか一緒にオフショア行ってみたいですね。

 

ぼちぼちライジャケ装着義務の移行期間も終わって、罰則規定が適用されるようになる時期じゃなかったかな?

山陰界隈では事故もあったりでちょっとピリピリしてるような雰囲気だし、遊漁の船長も「ちょっと桜マークあるか見せてね」とか言い始めるかもしれないね。

遊漁の船長さんたちは「ちゃんとしたライジャケ着けてるよね」っていう暗黙の信頼関係で現状が成立してると思ってます。

実際に海上での事故や規定不履行なんかは船長ひとりの責任ということになってしまいますので、実害として自分に降り掛かってくるようになりますしね。

今までは暗黙でスルーされてた部分が、信用に値しないとか、微妙だなぁとか、そういうお客さんが居れば「桜マーク確認できないと乗船拒否」みたいになるかもしれませんね。

 

陸でのライジャケ装着は義務化されていませんが、最悪死んでしまっても「ちゃんと浮いてて見つけられて家に帰れる」ってのは大事だと思ってます。

今回買ったヤツは桜マーク付きなんでちょっと高いですが、もっと安価なやつもありますのでね。

出来ればライジャケつけてた方がなにかと安心だよね。

特に子供ね、自分は子供を釣りに連れていく時は必ず着けさせるようにしてます。

シートベルトと同じように、ウチの子供たちは「着けるもん」って思ってるので拒否しません。

子供って不思議な行動をとるし、気がついたら落ちてるかもしれませんしね。

 

釣りで死んじゃうとせんないですよ。

ちゃんと家に帰れるようにしたいですね。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

買い物お買い物

Posted by ねぎ