職場のみんなでチャーター見島便

何がきっかけだったか忘れましたが、職場の人で船をチャーターしようってな話になりまして。

ちょいと天候の予報が芳しくない雰囲気でしたが、前日にはいい感じの予報に化けてました。

見島沖まで行ってきました、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

4時発の予定なのに、0時まで下松にいるっていう暴挙。

不眠で通そうと決意し、のんびり安全運転で青海島まで向かいます。

道中のコンビニで朝ごはん(?)を食べたりしつつ、出船場所到着が3時ちょい過ぎ。

既に何人か集まってたりで、みんなやる気十分。

【見島沖エリア、10月9日(土曜日)、実釣7:00~16:00、晴れ、中潮、水温27.2℃、月齢2.1】

 

道具の積み込みも終わり、ほぼ定刻にスタート。

足が遅い(船長談)ので、見島まで暫くかかるから寝といてもいいですよーってことで、ちゃっかり船室に入り込んで仮眠の意気込み。

おやすみー……と横になったはいいものの、恐らく湾の外に出たくらいのタイミングで船がバンプ。

併せて、船室床に張られたホットカーペットが妙に暑い!ってのもあり、落ち着いて寝ていられず、たまらず外へ。

朝ごはんが祟っているのか、ものすごく気分も悪くなってきて……。

 

かなり沖まで走ってきたみたい。

見島をゆうに通り過ぎて、もっと奥まで。

 

だいたい7時くらいから釣り開始。

朝イチは新しく導入したベイトハイピッチの試運転も兼ねてスタート。

ジグはブースエフの180g。

しっかりと胴から入り込むような曲がり方ですが、復元もしっかりしていて、かなり楽ちんにジグを飛ばせますね。

バシバシと飛ばしたいなら4パワーの方がいいかも。

 

船内ファーストヒットが遠い……潮がぜんぜん噛まなくて、全般スカスカ。

ベイトの反応は出てるみたいなんだけど、ぜんぜん当たらない。

 

突如としてロッドに乗る生命反応、じんわりとあげてきましてナイスキャッチ。

自分初となるでっかいヤガラゲット。

個人的にちょっとテンション上がったんですが、船長的には「潮がいってない時のヤガラ」みたいな感じらしく苦い表情。

 

確かに潮も動いてないし、なんなら船もあんまり流れてない。

底の方にベイトの反応が溜まってるってことで、自分はスローに持ち替えて底物狙い。

何度か船を立て直しながら流していきますが、根魚がポロリポロリって感じ。

自分にもガツンとアタリが出て、慎重にファイト。

なかなかのサイズのキジハタでした。

 

幾度とポイントを移動しながら打っていきますが、ベイトの反応は見えるものの魚からの反応が無い……。

うーん渋い……。

ジグのシルエットだったり、カラーだったり、動きだったり、いろいろ試してみるものの正解が分からない……。

 

沖からスタートして、戻りながら各ポイントを打ってくる作戦だったんですが、かなり大きく移動しても釣れん釣れん釣れん。

他の船とも連絡を取っておられましたが、どこのポイントも反応が頗る悪いらしく、ほとんど釣れてないらしい。

 

いよいよ手前側まで戻ってきましたが、やはり反応乏しく……。

1人だけノーキャッチの人がいて、どうにか釣らせたいってことでかなり頑張って遅くまで走って頂きました。

ラストチャンス、その人に青物らしきヒット!が、2回ラインを引っ張られたかな?ってところでブレイク……。

最後数箇所のポイントは、ロングジグをゆったりと飛ばした後にステイっていうのにバイトが何回か出てたんですが、バイトは小さくノンフック……。

結局正解が分からないまま終了〜。

無念のノーキャッチが1人……ザンネン。

自分は寂しいながらもちょいとは釣れました。

途中、強烈な眠気に耐えられず完全にフリーズしてたりしたもんで、休憩も兼ねて30分ほどお昼寝。

ちょっとは元気になったものの、帰路の車の運転が危ない感じで……寝ないとダメですね。

 

かなり難しい状況だったみたいで、船長の仲間からの情報を聞くに、全域で反応が悪かったみたい。

落とし込みをやってた船は釣れてたらしいので、魚は居るみたいなんだけどねー。

何かライブベイトを偏食してんのかもね。

 

こりゃあ再挑戦必至やな……。

次はもう少し釣れるといいんだけど(笑)。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。