山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

山陰ヤリイカチャレンジ

投稿日:

良い休日を過ごして上機嫌です。

寝る前におおかたの予定を思い浮かべていたのですが、だいたい予定通りに事が進みました。

予定通りって気持ちいい、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

さて、先ログの締めにも書いておりましたが、釣りに行きたい気持ちとともにずんと襲ってくる眠気。

本当に悩ましくありましたが、行かずに後悔するのもアレですので、行ける時には行こうっていう今年の目標を実行。

前回はたくさんの電気ウキに圧倒されてすぐに立ち去ってしまった山陰ヤリイカですが、今日もちょっと覗いてみようかな……。

ということで、マイペースに山陰某ポイントまでドライブです。

 

ポイントに到着したのは日が変わった頃合い。

たくさんの車がありまして、まぁ平日の深夜なのにまた人が多そうだなぁ……っていう感じですね。

入る場所が無ければすぐさま立ち去るつもりでした故、防寒着にライジャケ、ロッドにエギを結んで、もしかしたら釣れちゃった時のためにビニール袋を1枚のみというやる気の感じられないヤリイカエギング装備。

 

波止に向かう道中で帰路につくお爺さんとご挨拶。

「今日はあんまり釣れんでね」ありゃまぁ……。

外海側には電気ウキが10個くらい。

相変わらずな感じですね……。

先端までちょっと歩いてみましたが、みんな外海に向かっているような感じでして、人数にして6人くらい。

2タックル出してる人も幾らかいるんでしょうね。

 

電気ウキはみんな外海に並んでて、個人的に狙いたいポイントには電気ウキがありません。

何か理由でもあるのかなぁ……。

とりあえず場所は空いてて投げるスペースも余裕でありましたので、ちょっとだけエギを放り込んでみます。

 

まぁまぁ潮が効いている感じ。

左前方から右後方に向けて潮が流れてきています。

イカさんの動き方が解らないねぇ……ってのはいつぞやツイッターなんかでも呟いてたりしていたのですが、イカメタルの時に感じている感覚だと、ヤリイカはだいたい同じレンジを群れて回遊するように動いているようなイメージがあるんですよね。

ってことで、キャスト後はレンジキープするように心掛けながらエギを操作します。

 

少しずつ沈めてレンジを探ってみます。

ちらちらと様子を窺っていたのですが、餌(電気ウキ)のみなさんはぜんぜん釣れてなさそう。

もし餌のみなさんが釣れてるならイカは居るって話ですしね。

なんて思っていたら釣れちゃいました。

あんまり大きくは無い……って勝手に思ったんですけど、オカから初めて釣れたので良き良きです。

オカからのヤリイカDT卒業しました(´艸`*)

 

相変わらず餌(電気ウキ)のみなさんには動きが見られず、あんまり釣れてなさそう。

ラトル入りのエギを使っていたんですが、キャスト後に10秒くらい沈めて、トントントンって感じでエギの音を鳴らすようにしゃくりあげて、再びテンションフォール10秒くらいっていうのを繰り返す。

イカが居ればこれだけで釣れました。

餌のみなさんが釣れないっていうのを考えると、釣れたポイントは音?

全部で8ハイ釣れたんですが、9ハイ目を狙う最中で根掛かりロスト……。

先にも書いた通り、ラインシステムを組めるような装備もエギも持ってきていませんので……これにて終了。

一旦クルマに戻って装備を整えて再挑戦、ってのも考えたんですが……めんどくさい⊂⌒~⊃。Д。)⊃

釣れるのは解ったので、またの機会に(‘ω’)ノ

帰り道にちょっとだけアジ調査もしてみましたが、居られましたね。

アジポイントにはラインを含めてゴミが……。

いつもはあんまりゴミの見当たらないポイントなんですがね……残念。

 

帰路のドライブ、途中からは記憶が途絶えていることがチラホラ……栄養ドリンクで気付けしながらなんとか生きて帰宅しました(*_*;

イカも釣れちゃいましたし、疲労も酷いことになっていましたので、帰宅するなりグッドスリープ。

楽しい釣りが出来ました、また行こう(*´з`)

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-海水釣行
-, ,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.