山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

河川チヌ、開幕?

投稿日:

ひとつ記事を書くと、達成感に溢れて手が止まってしまいます。

どんどんタイムラインから遅れていきますね。

記事は生もの、情報はフレッシュに。

ただの日記ですけどね、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

さて、先のブラックバス釣れちゃった~からの帰り道。

うっすらと記憶にあるタイドグラフだと、下げいっぱいくらいのタイミングじゃなかったかな?とふと頭に浮かびます。

下げいっぱいとなれば、俄然気になる河川のチヌ!

 

一級河川、SABAリバーですが、感覚的には概ね水位は低い方が釣果は宜しい印象です。

サカナの薄い(と思う)防府市ですが、なぜだか「チヌはたくさん居る」っていう話を聞くんですよね。

最近、もっぱら仕事で相手をしてもらうおばあちゃん(漁師)と漁や海のことを話すのが楽しいワタクシですが、おばあちゃんも「チヌはようけ居るねぇ」とおっしゃられておりました。

 

デイでバズベイトに出るような重たい空気ですから、チヌもトップで出るはず。

ブルーカレント2号に結ぶのはマリアのポケッツペンシル。

小気味よく動いてくれるので、とても気に入ってます。

 

ちょうど上げ始めたタイミング、絶妙な流れが出始めます。

カケアガリ、もしくはその付近でもじもじと動いているボラの群れ。

流れに着いているようで、ランカークラスのボラがジャンプしたりもじったり、それはそれは高活性。

 

チヌが着いているのもカケアガリ付近ですが、どうも本流から巻いている潮が反転しているようなところで反応が多くみられます。

フラットになっているような浅場も好ポイント。

 

トップをポケッツペンシルで引いてくると、ぬぅ~っとルアーの後ろ側の水が盛り上がり、チェイス。

見切られないようにしつつも、1秒に満たない程度の食わせの間を作ると、すかさずバイト。

「ジュボッ」

6回も捕食音を聞けたものの、1回もフッキングには至らず……。

が、トッププラグにこんだけ反応が出ると楽しいものです。

釣れそうな期待感も高まりますね。

 

小さく当たりがあったので合わせてみると、むいむいとラインが引っ張られます。

サカナっぽいねぇ……でも小さいねぇ……。

DSC_4944.JPG

お前さんかい(;´∀`)

トッププラグにも口を使ってくる獰猛さっちゃあ大したもんだ。

優しくリリース、猛ダッシュでお帰りになられました。

 

ここいらで子供のお迎えの時間となりまして。

タイミング的にもちょうど良いので、今度こそ納竿であります。

実に楽しい1日でした。

先のブログの冒頭にも書きましたが、純粋に【釣りが楽しい】と思えた1日。

たまにはこういう日もあっても良いよね。

 

……なんて言いながら、夜分に再び釣りに出たのは内緒(笑)

シーバスを釣りました。

それは次の記事で……(´艸`*)

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-海水釣行
-,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.