風のない場所を求めて遠征

世情を鑑みてか、職場の上の人たちの会議の結果、県外渡航が微妙に緩和されました。

家族の県外渡航も緩和ってことで、この前の大ねぎちゃんの部活の件も問題解消。

短い義実家暮らしでした、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

なんやかんや言っても、やっぱりオヨメも子供も居ない義実家で1人居候ってのは何かと気を使うもんで、早々に隔離生活が終わったのはちょっと安心っていうかね。

通常運転に戻りました。

【岩国エリア、11月9日(火曜日)、実釣23:00~24:00、小雨、中潮、水温18.0℃、月齢4.7】

 

ということで、自由の身になりましたのでね、とりあえず釣りに行きたいよね!

がしかし、先日から覗き見ているWINDYによると、どこもかしこもかなりの強風。

雨も混ざってるし、今週は釣りどころじゃ無いかなぁ……なんてね。

荒天でも成立するワカサギか?なんて考えましたが、WINDYの風の向きだったり地形だったり、そんなのを見ていると釣りが成立しそうな場所を発見。

ちょっと遠いけど行ってみますか(ドライブ案件)。

 

片道2時間弱、行ってみたら風が強くて……ってのも十分考えられる状況ですが、気になったら行ってみたくなっちゃう。

ポイント到着、先行者なし、風なし。

タイドを見ればまぁ上げ止まりですね……。

 

とりあえずリグを投げ込んでみたら、僅かに動いてるような感じ。

魚の影も見えるし、ワンチャン……。

釣れたよね、しかもいいサイズ。

リグを抑え込むような素敵なアタリ。

 

次をば……とキャストしますが、ビタリと水が止まりました。

んー、ここまで見事に止まってしまうとねぇ……。

さっきまで見えてた魚の影も消えてるし。

 

暫しキャスト練習……30分くらい何も無い時間帯。

急にザワザワっと音が鳴り、水が動き出しました(動き出しに音が鳴るって初めて)。

同時に魚の影も再び。

0.8gをそこいらにポイッと放り込んで、あんまりレンジを入れすぎないように極スロー巻きで。

リグ自体はカーブフォールしているような感じかな。

ラインの角度が垂直に近くなってきて、リグの動きがスローになってきたようなタイミングでアタリが出ます。

決まって抑え込むようなアタリ。

 

潮が動かないと全く反応が無くなってしまうんで、分かりやすいっちゃあ分かりやすい。

実際に釣れるタイミングは短時間でしたが、5匹ゲット。

アジフライにでもしてみようかな。

また気分が乗れば行ってみよう(遠いんだよなぁ……)。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。