タチウオとの闘い

タチウオ戦績、4戦1勝3敗であります。

今回で5戦目、結果はどうなるのかね。

タチウオテンヤ嫌いになりそう、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

本当は25日(土)に予約していたのですが、風が落ちない予報らしく中止となりました。

翌日26日には別の予約が入ってたらしいですが、人数不足にて欠便。

もし可能ならタチウオ便を日曜日にシフトできませんか?なんて船長より提案を受けまして。

予定とオヨメの気分を確認しましたところ、日曜日でも大丈夫そうってことでしたのでお願いすることにしました。

【ひみつ(瀬戸内)エリア、9月26日(日曜日)、実釣6:50~14:00、曇り、中潮、水温26.3℃、月齢18.6】

 

5時半出航予定、4時半頃に現地到着。

今回もお世話になりました、の朝日丸さんであります。

準備を済ませてほぼ定刻に出発~。

 

約1時間ちょっと走ってポイント付近に到着、そろそろ始めるので準備しといてねぇってアナウンス。

テンヤにイワシを巻き付けて準備完了。

予約するときにテンヤ便ですよね?って船長に確認したんだけど、何人かテンビンの人が居ますね……。

 

6時50分釣り開始。

水深は90-110m程度、潮が流れてるのかラインが膨らんでカウンターの数がだいぶ伸びます。

着底もちょっとわかりにくいですが、テンヤにテンションを掛けたらだいたい真っ直ぐにラインが立ちますね(船長の操船上手)。

指示棚はボトムから30m程度ってところ。

2回しゃくり2秒ステイで様子を見ますがアタリが遠い……。

船中ではボトム付近でアタリが出てるってな情報もありますが、数は少ないみたい。

自分も8時半頃にようやくファーストバイトを得ましたが、ノンフック。

 

お土産確保のために9時で一旦タチウオに見切りをつけてウマヅラハギ狙いに変更。

ウマヅラの仕掛けにオモリ付きのカゴ(30号)、コマセは船長が用意してくれるみたい。

サシエ(ボイルのエビ)は自分で用意するみたいなんだけど、無くても船長が譲ってくれるみたい(有料なのかな?聞くの忘れた)。

もしかしたらって思ってアサリの剥き身を準備しといてよかった(使わなければ自分のオヤツ)。

 

ウマヅラハギは船長が細かくタナを指定してくれるので、カウンターは必須っぽい。

止めてアタリを待つよりは、ある程度仕掛けを動かしてやって餌を追わせた方が掛けやすいって船長談。

アタリは結構明確に出つつ、それなりに掛けに行かないと掛からないことが多いので、個人的には好きな釣り。

アタリが消えたらサシエが取られてる可能性が高いってことで、こまめに餌を付けるのが吉。

なんやかんやで7枚も釣れちゃいました。

 

ウマヅラハギは12時まで、そこからは再びタチウオを狙いに行きますよ~と。

11時45分頃にはちょうど餌にしてたアサリがなくなってしまったので早仕舞い。

ウマヅラハギ、えらいバレるなぁって思ってたんですが、終了のタイミングで仕掛けの針を見てみたら、針先が舐めてました。

目視できる程度で針先が舐めてるし、手で触ってみたらそりゃ刺さらんなって感じ。

ついつい忘れがちになってしまいますが、針ってやっぱり大事ですよね。

 

ということでタチウオテンヤの針先もチェック……うーん、ちょっと鈍いなぁ……。

鈍いやつは排除、割とまともなやつだけに絞って使用します。

水深は70-100mってところ。

ガツンと明確なアタリが出て、ナイスフッキングまでしちゃったりで、船中1抜け!かと思いきやあと数メートルってことでバレてしまいました。

左舷の大トモのおいちゃん、かなり良いサイズのタチウオキャッチされてましたね。

ねぎさんもようやくぼ抜け。

というかこれ1匹だけでした。

アタリは割とたくさんあるのに、なかなか掛けられない。

掛かってもバレたり。

 

たぶん船に乗ってた全員で20匹いったかいかないか、ってな釣果だと思います。

うーん、タチウオ……これは1敗にカウントかな。

戦績5戦1勝4敗、タチウオ嫌いになりそう。

ここまで当たり外れの差が大きいと悲しくなっちゃう。

冷凍庫にはまだ餌のイワシやサンマが残ってるけど、引退しちゃおうか本気で悩んでます。

どうすっかなぁ……。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。