【インプレ】月下美人AIR TW PE SPECIALを実際にジグ単アジングで使ってみた

2021年10月1日

ソルトライトゲームにベイトリールを!の意気込みを感じる次第であります。

秀星さんが購入した月下美人(ベイトリール)を実際に使わせてもらった感想をつらつらと書いてみるよ。

ベイト初心者、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

さてさて、幾年か前に発売されたアルファスを入手したわけでありますが、秀星さんが軽量リグを投げるならコレって言ってたわけですよ。

きっとそのいろいろを引き継いで開発されたであろう月下美人ウンチャララ(名前長いんだよ……)であります。

写真撮ったはいいものの、帰って見てみたらブレブレっていうね(まぁいっか)。

そう大してベイトリールの知識もなく、使用にも長けたわけではないねぎさんが実際に使ってみて感じたいろいろを書いていきます。

玄人が感じる所感とはまた違った視点っていうのもアリかなぁって思ってみたりね。

◆月下美人AIR TW PE SPECIAL

ダイワのHPリンクはこちら

◆重量:165g

◆ドラグ(最大):3.5(kg)

◆糸巻量(PE):0.6号50m(推奨)

◆最大巻取長:ハンドル1回転74cm

◆ベアリング:12/1

 

持ち主が開封してすぐに投げてみた所感なんかは以下の動画になってますので見てみてね。

ベイトしか使わない人の感想なんで、そういう感想になってます(笑)。

ベイト素人が感じるものとは少し違って見えるかも知れませんね。

「アンダー2gを快適に扱う」なんてHPに書かれているので、きっと想定しているリグの重さはそれくらいなんだと思います。

ちょっと重めのジグヘッドだったり、プラグだったりかな。

PEっていうセッティングから見ても、想定はメバルなのかな?とか思ってみたり。

アジにもしっかり使えそうですけどね。

 

今回は1.0gと0.6gのジグ単を使ってアジングをしてきました。

ロッドはクリアブルーから発売予定のクリスター55BFマスターです。

ラインはPE0.3号にロングリーダー5ヒロくらいっていう設定。

下手くそなので、ブレーキは6か7くらいで設定しておきました。

 

外観については特に気にしてなかったのでここでは触れません。

あんまり嫌なイメージは受けなかったので、個人的には悪くなかったんじゃないかな……(よく覚えてない)。

あと、ドラグクリッカーが標準装備、これは大きい(いつ鳴るのかなぁ……とかは言いますまい)。

 

さあ、いざキャスト。

トラブルなく飛んでいきますね、飛距離もアルファスとそう変わらないか、ちょっと伸びてるかっていう感じ。

ハンドルくるくる……巻いた感じは悪くはないかな(ダイワっぽい巻き感)。

ロッドが自分が普段使っているものよりも軟調ってのがありますが、リグの重みを乗せたぶんだけ飛んでいく感じ。

ちょっと力んで投げてもアルファスに比べてトラブルに至りにくいなぁって感じたんですよね。

 

秀星さんに感想を聞かれて、それに応えて、っていう中で見えてきたいろいろ。

よく知らないんですが、開発に関わってる人にベイトリールをメインで扱ってる方ではない方が含まれてるんじゃないかな?とか思ったりしました。

というのも、月下美人でキャストした時にトラブルに至らない最大の理由と思しきが、そのブレーキのセッティングです。

0.6gという割と軽めのリグを投げた時に顕著に感じたんですが、キャスト直後のブレーキの効き方がアルファスに比べてものすごく強いです。

アルファスはキャスト直後から「しゅーん」って伸びて、そのままブレーキがちょっとずつ弱くなっていくようなイメージ。

比して、月下美人は「にゅにゅん」って初速をかなり殺して制御し、「もう大丈夫かな?」ってタイミングでブレーキがストンと切れるようなイメージ。

何が言いたいかっていうと、こういう初速がつくようなキャストって、スピニングのそれですよね。

ベイトを普段使ってない人が開発に関わってるんじゃないかな?って感じたのはそれが理由。

ベイトで軽いリグを投げ慣れてる人は、きっとそういうキャストにはならないんじゃないかな……。

 

逆に言えば、ソルトベイトフィネス初めて!っていう、普段スピニングをメインに使ってる人なんかには安心して使えるようなセッティングになっているかも知れません。

少々乱暴にキャストしても初速を殺してくれるので、スプールが暴れてバックラッシュっていうのが格段に少ないと思います。

 

秀星さんが動画の中でちょろっと喋ってましたが、軟調なロッドが開発されるんじゃないかなぁっていうアレ。

少し長めの軟調なロッドでメバルのプラグゲームをベイトでやる、っていうような状況だと、たぶんルアーの射出速度は割と早くなっちゃって初速が速くなってしまいがちなので、そういう理由で発生してしまうバックラッシュを抑え込む効果もあるかもね。

 

小径のスプールの恩恵なんかはアルファスと同じような感じで、0.6gのリグでもスルスルと抜けていきました。

このくらいの軽量リグでも糸がフリーで送り込めるってのはかなりの強みでして、アジングなんかで使う時にはフォールでもアタリが取れたりっていうメリットもあったりします。

 

正直な感想を言ってしまうと、ブレーキの効き方なんかはアルファスの方が素直で個人的には好みだなぁ……。

特に軽量リグを投げた時の初速を抑え込まれてる感じがなんだかモヤモヤっとね。

飛距離を計測したりしたわけではないのでアレですが、投げてみての着水の位置を見る限り、たぶん飛距離自体はアルファスも月下美人もそんなに変わってないと思います。

後半の伸び方が良いのかなぁ?

 

自動車で言えば、月下美人って自動制御付きのオートマみたいな感じ。

今までのリールにあった「操ってる感」をとっぱらって、トラブルレスに振ってあるような印象っていうかな。

なんで、ベイトリールの「操ってる感」(自動車で言うMT車みたいな)が好きだった人には物足りないかも知れません。

 

ソルトベイトフィネスデビューしたい!って方にはおすすめ(普段スピニング使ってる人とか)。

スピニングみたいなキャストをしてもリールの制御で何とかしてくれると思います。

ドラグクリッカー無いと嫌!って人にもおすすめ(個人的には普段釣るアジくらいではドラグ出ない)。

 

簡単ではありますが、ねぎさんがちょろっと月下美人を使ってみて感じた所感であります。

ベイト素人が使ってみた感想ってのもちょっとは需要があるかしら(笑)。


閲覧ありがとうございました。