ボートでアジを釣っちゃうよ

しばらく前から「アジの呪いが~」みたいなことを言っていましたが、いよいよ呪いが本格化してきました。

アジ汁に触れると痒くなったり、生食したりすると口の周りがイガイガしたり。

アジアレルギー……、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

先日の小ねぎちゃんオフショアデビューの時もそうだったんですが、泳がせ用のアジを触れた際にも反応が出てたりね。

しっかり火を通せば食べても大丈夫そうなんだけど、お刺身も炙りも食べられないとなると悲しい……。

【周南エリア、9月19日(日曜日)、実釣21:00~24:00、晴れ、大潮、水温24.7℃、月齢12.6】

 

そんなアジを狙いに行きます。

釣って楽しいのは変わりないですからね。

先ログの通り、不眠で遊び通してたりしたもんで、晩の釣りは控えておこうかなぁって思ってたんですけどね。

秀星さんが誘ってくれましたのでね、行っちゃいましょう!

 

満月大潮周り、きっとショアの釣りはポイントが空いてなかろうってことで、ボートの選択です。

もしかしたらボートのポジションにも先行されてるかもねってな話だったんですが、どんぶらこどんぶらこ、ポイントには先行ボートはありませんでした。

 

アンカーを打ってポジション。

不思議な潮の動きをするポイントですが、本日はまずまず綺麗にボートがステイしてくれます。

サヨリがビチビチとライズしてますが、狙うはアジですので無視。

 

上潮はさほどでもないですが、底潮がグンと走るような感じ。

1.6gでスタート、カウント12-16くらいでヒット。

なかなかいいサイズのアジです。

フォールで当たるので、ワームはオリジナルで。

潮の流れに乗せてやるような操作、潮に任せてテンションフォール(とはいえ、潮に幾らか持っていかれるのでワームはステイに近い感じかな)。

 

少しずつレンジが下がっていき、ある時を境にアタリが消えました。

ボトムまで送り込んでやるとアタリが出るんですが、そこそこ水深があるので、底を取るのが大変。

2.0gに変更、底付近でゆっくりと泳ぐような動きに反応宜し。

バーチカルで送り込んでも底が動いてるので釣りが成立。

キャストして底を取ってからのカーブフォールもまた宜し。

秀星さんもまずまず数を稼いで、なかなかいい感じで釣れました。

途中からはバケツからアジが跳ねて出ていってしまうように(笑)。

 

食い上げるようなアタリなんかも出てて、複数種のアタリを味わえる楽しいアジングでありました。

荷重の抜けるアタリを掛けにいくアジなんかは割と好みなタイプですのでね、楽しかったなぁ。

 

秀星さんはアレコレとリグを変えながら探求されてましたよね、熱心で宜しい。

ねぎさんは美味しいと思ったものをずっと食べ続けられるタイプ(新しいものに挑戦しない)なのでね、ちょっと羨ましく思います。

 

イカを貰ってくれるオバチャンの家の娘が「イカの人、アジは釣らんの?今度釣ってきてって言っちょきーや。」みたいな事を言ってたらしいでね。

今回はまあまあまとまって釣れたし、アジの配達に行ってみよう(笑)。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。