ヤリイカ浮きング、リトライ

ばんごはんをシチューにしようと思って買い物に出たんですが、ふと目に留まるのは鳥肝ですよね。

割引シールの魔力にやられて2パックも買っちゃいました。

鉄分が足りてない、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

オヨメが鉄にハマってるんですが、家には鉄分を摂取できるグッズやサプリ(グミ)なんかが転がってます。

鉄分に限らずですが、不意に食べたくなるものってありますよね。

きっとあれは身体に足りてない栄養分を身体が欲してるサインだと思ってます。

身体が欲してるんだから仕方ない(デブまっしぐら)。

【長門エリア、2月6日(土曜日)、実釣16:30~21:30、晴れ、若潮、水温14.2℃、月齢23.4】

 

 

休日、のんびりと時間を過ごしていたのですが、ふと思い立ってヤリイカ浮きングやってみたいな、と。

前回が初挑戦でしたが、完全試合でしたのでね……。

昼過ぎから時間が取れたのでドライブがてらにポイント巡りなんかをしてみました。

実績の萩某、到着したのは14時半頃だったかと思うんですが、人の姿は見えないものの、波止にはクーラーボックスがこれでもかと並んでます。

個人的に道具だけ置いて人が居ないってのは場所取りとしては微妙だと思ってるんですが、道具を蹴散らしてたりしたらきっとトラブルになるでしょうしね。

入る隙間は無さそうなので移動。

 

3箇所くらい回ってみましたが、どこも人だらけ。

みんな暇なのかな……。

奥の奥まで走って、ようやく隙間を発見。

とりあえずポイントに道具を降ろして場所取りしてみました。

 

ここまでしておいて「釣りをするかどうか」っていうのはあんまり拘ってなかったんですが、せっかくなのでヤリイカ浮きングやってみましょう。

バサバサと強めの風が右斜め前から吹き付けてきます。

浮きを投入、潮は右から左に向けてまずまず流れてます。

もう少しで日没、期待感が高まりつつも、既に寒くなってたりで半分心は折れてます。

浮きに灯りをつけてしばし。

風もおさまり、波もなくなって、穏やかな海況。

がしかし、浮きが沈まんじゃないか。

右にも左にも電気ウキは多数見えるものの、どれひとつとして動きが見えません。

 

そんなことをしているうちに、右隣の人との間に割り込まれ、ちょっと向こう側の人は人爆の中で集魚灯焚きだしたり。

もう少しするとヘッドライトで海を照らさないと気が済まないエギンガーが現れたり。

トラブルには巻き込まれたくないので黙ってましたが、みんな自由すぎんか?

やっぱり人の多い釣りは苦手だなぁ……。

 

いよいよ心が折れてツイッターでアンケート。

もうちょい粘れってことで頑張りましたが、見える範囲では釣れてる気配は感じられず……。

周りの人たちが全く帰る素振りも見せないので、なかなかやめ時がわかんない(先に帰ったら負けたような気になるよね)。

自分が到着した時点でほぼ隙間なしの状況だったので、たぶん早くから釣り座に着いてるんだろうなぁ、とか思ったり。

いつまでやるのかな?

12時間釣りを続けるとかなかなか苦痛に近いものがありそう。

 

21時半、結局イカは釣れなかった。

とっとと家に帰って不貞寝したんですが、起きてツイッター見てみたら釣ってる人は釣ってるのね……。

ポイント選びも大事なのかも知れませんけどね。

 

昼過ぎから場所取りするような釣りはかなり堪えるスタイル(自分は苦手)なので、やるなら深夜にコソコソっと出るくらいかな。

浮きングで釣ってみたいんですけどね。

聞く話によると、今期のヤリイカは浮きングよりも邪道エギの方が強いみたい。

今年はヤリイカ釣れるのかな……。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。