山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

深夜発イカメタル

更新日:

小学校、1学期末。もう夏休みですよ。

保護者会に出席するためにお休みを頂いておりました。

夏休みが欲しい、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

さて、今回はイカメタルなんですが、いつもの夕方スタートじゃなくて、深夜発の2便スタートってのに初挑戦。

場所が場所だけに、夕方の出港に間に合わせようとすると、半日休みをとったりしないといけないんですよね……。

それに比べて、深夜発なら次の日が休みならそのままゴロゴロ出来ちゃうっていうね。

自分の生活スタイル的には2便スタートってのは割と好都合かも知れません。

DSC_5143.JPG

チャーター便にてWさんに手配して頂きました、お誘いいただきありがとうございます。

Wさんの人柄もあってか、出港当日にメンバーが増え、定員の6人に達した模様。

チャーターは人集めが大変そうですね……。

ということで、今回も北瀬丸さんにお世話になります。

 

ほぼ0時ぴったりに出港しました。

沖に向けて3-40分、真っ暗な海を突き進みます。

ポイントに到着し、集魚灯オン。

パラシュートを流して釣り開始です。

 

水深はだいたい75m。

やはり多少明かりが効くまでに時間を要するみたいで、ぼ抜けイカが遠い……。

船内よりぼちぼちと釣れてる旨の様子があり、自分も開始15分くらいで無事ボウズ回避の1パイ目。

スタート後暫くの当たりレンジは20-40mと幅が広く、なかなか当たりどころが定位しません。

 

時折ガツンと当たってくるのはサバ。

イカのそれとは異なり、かなり明確にスッテを突きまわしてくれるもんで、テンションが抜けたり、引き込まれたり、それはもう大変。

時にカンナを丸呑みしちゃったりで、リリース不可能の状態になっていることも。

ポツリポツリとイカを拾っていきますが、ペースはイマイチ。

忌々しきサバめ……。

 

ということで、サバをいかにして回避するか、ということに終始するわけですが、~40mまではほぼサバに占拠されている様子。

45mくらいまで落とし込めば、サバの当たりが消えてイカが乗ってくるっていうパターン。

 

仕掛けは20号のメタルスッテ(赤/黄)に浮きスッテ(赤/白、赤/緑)の3本。

当たりが集中したのはメタルの赤/黄。

ほぼ赤/緑には乗らないため、途中からは浮きスッテを赤/白に統一。

順調に当たりが増えていきます。

 

やっとイカのレンジを見つけた!と思いきや……。

サバのレンジがどんどんと下がってきます。

~50mでもサバの当たりが増え、時間の経過とともに徐々に範囲は拡大。

最終的には65m辺りまでサバに占拠されてしまいました。

 

サバの活性は異常なほど高く、少しでもスッテにアクションを入れるとすぐに当たってきます。

上の方が抜けたのかなぁ?と10mラインから少しずつ下げて行ってみますが、もう全てのレンジでサバ( ;∀;)

イカを狙うなら、夜炊きなのにほぼボトムしか無いっていう始末。

 

ふと後ろを振り返ると、ヤマガタくんは既にイカを放棄し、サバを捕る遊びにシフトしています。

ワタクシも小さいメタルジグ(18g)を持ち込んでいたので、サバ狙いにシフト。

が、サバを狙いだすと途端に釣れなくなるんですよね……。

 

そうこうしているうちに、集魚灯の範囲内で小さなサカナのナブラが発生。

うっすらと見える1段下に下がった大きな魚影。

と、ここでヤマガタくんのタックルが悲鳴を上げ始めます。

ドラグを引きずり出され、船の左後ろにいたはずのヤマガタくんはサカナに引っ張られるように船の右をぐるりと回って先端へ。

シイラかなぁなんて言いながらもゆっくりと寄せてきて、上がってきたのはマグロの小さいヤツ。

そりゃあ走るわな……。

無知でアレですが、マグロの類はいろいろな決まり事があるみたいで、キャッチせずにそのまま海へお帰り頂いたようです。

 

空がうっすらと白くなってきた頃合いにはナブラも消え、サバの雰囲気も消え、イカの気配も消え……。

実に平和な朝を迎えました。

無理矢理小さなメタルジグをボトムまで送り込んで、イトヨリってサカナをゲット。

メタルジグをボトムに送るのが非常に面倒なので、イカメタルタックルに持ち替えてイカ再開。

 

メタルジグやタイラバでイトヨリやレンコたらなんたらってサカナをみなさんが捕獲中。

ワタクシは走る潮にメタルスッテを引き込まれながら、ラインを100m近く放出した先で小さなケンサキをゲット(笑)

ぜんぜん当たりが解らなかった(;’∀’)

DSC_5144.JPG

朝6時にお片付け、港に向けて船を走らせます。

朝の市場には人がたくさん。

心地良い疲れを感じながら解散であります。

 

家までの道中、何度か寝そうになりながらも無事帰宅。

獲物の処理を済ませるか、ちょっとだけ寝るか……。

後に保護者会が控えておりますし……。

1時間だけ仮眠して、獲物の処理を開始しました。

DSC_5146.JPG

イカは30パイ。

うーん、なんとも微妙な数ですね……。

いかにサバを回避するか、っていう釣りだったんですが、もうアレは無理ですね。

早めにサバゲーに切り替えておけば良かった……。

DSC_5145.JPG

サバは4匹、狙うと釣れないんだよね……(´-`).。oO

あと、イトヨリが1匹。

 

だいたい4時半ごろには明るくなり始めるので、2便終了の6時までは朝まづめを過ごせる装備があったほうが良さそう。

イカメタルで通しても良さそうですが、数はなかなか伸びないような印象です。

潮の加減もあるでしょうが、タイラバなんかがあればイカメタルタックルのままでいけそうですね。

運が良ければ大きな鯛と出会えるかも(*´з`)

 

いろいろな楽しみ方があると思いますが、2便スタートってのも悪くないですね。

同船いただいた皆様、お世話になりました。

またの機会があればご一緒いたしましょう。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-海水釣行
-,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.