夕まづめ短時間勝負

2021年4月24日

キャスティングタックルが欲しいっていう衝動に駆られています。

ただ、業界の事情なのか知らんですが、欲しい番手が軒並み売り切れ。

買いたいのに買えない、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

ロッドだけでなくルアーもそうですが、メーカーに余剰在庫を抱えるほどの体力がないのか、近年では余程のことがない限りは過剰生産なんて状況が見えないですよね。

即時完売、後に高値転売、みたいなね。

豊かに見えていた時代から一転、経済の舵取りの結果が貧しい低賃金労働社会ってのが何ともね。

ロスジェネ世代としてはいろいろ思うところがあります。

【防府エリア、4月21日(水曜日)、実釣18:30~18:45、晴れ、長潮、水温19.9℃、月齢8.5】

 

水曜日は子供のピアノレッスンの日。

レッスンの送迎なんかはオヨメがやってくれるので、後の予定はごはんを作るのみ。

晩ごはんは皿うどんにしようと思ってたので、ものの数分あれば完成できる予定。

ちょっとだけお時間をいただいて、短時間のバス釣りに臨みます。

 

かなりいい雰囲気の夕まづめ具合。

時折もわんと波紋様に水面が動く様子も見られ、良いところに投げられれば釣れるでしょ!ってな感じです。

ルアーはお題になってるバズスピナーをメインとし、後ろにはジョイントギルをスナップオン。

 

ちょっとアプローチが難しいですが、垂れた木の枝の下に潜り込ませるようにキャスト。

表層寄りを辛うじてバズスピナーが水面から出るか出ないかっていうレンジをキープ。

ロッドを立てていることもあり、割とゆっくりめでもキープ出来ます。

ボトムの変化がある辺りでムンっと引き込むようなバイト。

サイズは30中頃ってな感じですが、イメージしてたのとだいぶ近しい感じで魚が出てきたので嬉しいですよね。

 

結構なシャローですが、バズスピナーの作る水面の動きが魚を誘い出しました(と思う)。

後ろから追尾してきたのかリアフック1本のみでしたが、さっくりと勝負がついてキャッチ出来たので満足であります。

バズスピナーについてはまた別に記事を作ろうと思ってますが、もう少し季節が進んでくると尚強くなってくると思いますので、ぜひ使って見てくださいね。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。