風吹けばワカサギ

2021年3月22日

挨拶って大事だよね!と常々思ってたりするわけですが、挨拶出来ない人もまあまあ多いですよね。

今回の釣果をTwitterにあげたりしたんですが、クレクレが湧いてでますよね。

挨拶もできない人に教えたくない、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

以前もアジの釣果をTwitterにあげた時に同じ人から「どこで釣れたんですか?」なんてDMが来ましてね、挨拶のあの字もないわけですよ。

基本的な情報はブログにしてますのでね、これ以上の情報は知らない人に提供するつもりはありません(ブログ読んでよ)。

まして挨拶すら出来ないとか論外。

前回の時に軽めに指摘しましたが通じてなさそうなのでね、今回は既読スルーです。

【下松エリア、11月22日(日曜日)、実釣23:30~25:30、曇り~小雨、小潮、水温15.3℃、月齢7.4】

 

秀星さんにワガママ言って船に乗せてもらおう作戦を企てていたのですが、天候の影響で不可(チーン)。

せっかく予定を空けてたので釣りに行きたいなぁっと。

海に風があっても出来る釣り、ワカサギですね。

秀星さんを誘ってみたんですが、「ちょっと興味ある」とか微妙な反応(興味ねぇな)。

無理強いはせず、とりあえず単独釣行の体で。

ポイント到着、着いたよーって連絡だけしておきます。

 

仕掛けは前回の使い回し(もう4回くらい使ってるしエダスも欠けてるので今日で最後)。

餌はいつもの紅サシチョンがけ尻尾落とし。

いざスタート!

仕掛けを落とした10秒後にはファーストヒット。

喜んでツイート、なかなかの活性に喜々としながらワカサギを釣っていきます。

約10分後には15匹近くまで増えてました。

このまま続けばなかなかいい感じになりそう。

そんなことをしていると、秀星さんから連絡アリ。

「もう少し時間かかるー」おお、来るのか。

 

しばらくの間黙々とワカサギを釣り続け、途中で餌を変えたりなんだり、紅サシパワー復活で更に数を伸ばします。

少しして秀星さん到着。

初体験ってことでして、仕掛けをプレゼント、餌の付け方なんかを簡単に説明して再スタート。

 

のんびりした釣りになりがちなワカサギ、秀星さんは眠くなるそうな。

ちょいと語らいながら釣りをしていましたが、いろんな釣りがあって、いろんな楽しみ方があって、ってな感じで、それぞれ向き不向きあるよねーって。

ワカサギにはワカサギの楽しさがあると思いますが、それが万人にとって楽しいかってのは分かりませんからね。

楽しい人もいるし、そうでない人もいる。

最近流行りの〇〇ハラですね、無理強いはよくありません。

完全に飽きてるなぁって横目で見てましたが、仕掛けをキャストからの仕掛け破損で秀星さん強制終了。

なんやかんやでたくさん釣れましたが、秀星さんの好みの釣りではなかったみたい。

預かっていたFBMをお返しして納竿。

帰路に少しだけ海に寄ってみましたが、風裏っぽいポイントなのに微妙な風が吹いてるし釣れないしで即終了。

釣れたワカサギは全部唐揚げにしましたが、約5分で家族のみなさんに食い尽くされました。

ワカサギは揚げたのがいちばん美味しいと思ってます。

 

一次の世界を体験した秀星さん曰く「ワカサギはもういいかな……」ってことらしいです。

自分も然してワカサギに精通しているわけではないのでね、もしかしたらワカサギの楽しさを秀星さんに伝えきれずに勿体ない感じになっちゃった可能性もね。

もしそうだとしたら申し訳ないですね……。

初体験ってのはやっぱり大事だよなって思ったりなんだり。

もし気が変わったら再挑戦してみてね、その時は楽しいかもしれないよ(笑)。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

淡水釣行ワカサギ

Posted by ねぎ