山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

ちょっとだけバス釣り

投稿日:

第4回プレゼント企画開催中です。

たくさんの参加をお待ちしているのですが……。

今のところ参加者は2名……、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

ふと訪れた空き時間。

あまり多くの時間ではありませんでしたが、概ね1時間半の自由時間。

最寄りの池は釣り禁止になってしまいましたので、ちょっと離れた池まで足を伸ばしてみます。

 

片道30分、往復1時間。

即ち、実釣時間30分。

 

現地着の時点で先行者あり。

声を掛けてみましたが「ちょうど今来た」ってことのようで、情報得られず(;´∀`)

挨拶は大事ですね。

駐車できるスペースは狭いので、もし邪魔になるようなら声を掛けてくださいね、と言葉を添えておきましたが、先行者のお兄さんからご配慮いただいたようで、クルマの向きを綺麗に整えてくださいました。

ありがとうございます。

 

ちょっと水を触ってみますが、かなり冷え込んでいます。

水温計なんか持っていませんので、冷たいなぁ……っていう感覚だけで状況を判断。

然程水深もありませんので、メタルスカウトでボトムを取りながらバスにぶつけにいく作戦。

 

ぐるっと回り込んで池の中央に向けてフルキャスト。

小刻みにリフトしながらボトムに当てていきますが、全くの無反応。

ルアー(メタル)を触ってみると、キンキンに冷えてます。

バス、動けるのかな……。

 

あれよあれよという間に時間切れ。

バスの気配はこれっぽっちも感じることなく終了……。

 

足元を見れば、木に絡まったラインのカタマリ。

DSC_4443.JPG

ラインを手繰って回収。

太さが2種類ありましたので、別の人が捨てていったのかな……。

塊にするとモサモサ、結構な量になりました。

 

釣りをする以上、ラインをフィールドに絶対に残さない、っていうのは現実的に難しいのが事実ですが(ラインブレイクとか根掛かりとかね)、ここまで塊になるほど纏まっていると、意図的に捨てられたものの可能性が高いですよね……。

ラインは、釣りをする人が残したことがわかる、最もわかりやすいゴミのひとつです。

釣りをしたいのであれば、フィールドにはゴミを残さない方が良いです。

いつかのログにも書きましたが、釣りをしている水辺っていうのは、そのほとんどが釣りをするための水辺ではありません。

釣りをする人は、その水辺を利用する本来の目的とは違った人ですので、本来の目的を阻害するような痕跡を残せば、排他されて当然であります。

水利者に迷惑をかけないように心掛けましょう。

 

さぁて、初バスはいつになったら釣れるのかな……。

まだまだ寒い季節が続きそうです。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-淡水釣行
-, ,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.