ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

フィニッシングモーターを作る【2】

2017/06/30

フィニッシングモーターを作ろう!の第2回です。

今回は基板を仕上げますよ。

工作って楽しいね、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

【フィニッシングモーターを作る第1回はこちら】

【フィニッシングモーターを作る第3回はこちら】

 

さて、第1回は不用品から部品取りをして、ブックエンドに穴を開けました、ってところまで進めてたと思います。

今回はモーターの対側にあたる支板の加工を……と思っていましたが、そこはまた今度。

第3回で終了の予定ですので、その時にさらっと記載しようと思います。

 

ということで、注文していた部品が届きました。

DSC_1510.JPG

◆huji FMM2/CH

いわゆるチャックですね。

シンクロナスモーターとロッドをどうやって繋ぐか?というのがフィニッシングモーターを自作している方々の共通の悩みだと思います。

高校生の頃は工業学校に通学しておりました故、旋盤とかああいった機器なんかは使ったことがあるのですが、こういった回転系の機器を扱ううえで何より難しいのはセンターを出すことなんですね。

自作家たちのページを飛び回りましたが、やはりセンター出しに苦労されているよう。

そんならもう買ってしまった方が確実だし早くないか?というのがねぎの答えです。

フィニッシングモーターを検索すれば一番に出てくるのがhuji製のFMMだと思うんですが、これのチャックだけ売ってないの?と探してみたらありました。

が、いろいろと画像検索しても、部品のモーター側の画像が出てこないんですね。本当に自分の持っているシンクロナスモーターに取り付けが出来るのか?が気になるところであります。

言っても1000円くらいなので、失敗覚悟で注文しました。

さあ、画像を公開です。

DSC_1513.JPG

「ジョイント」という部品名だそうですが、モーター側には丸い穴が開いていました。

1か所にねじ穴が開いていて、これでモーター軸に固定する仕組み。

気になる穴の径は「7mm」です。

さぁこれで躊躇っていたあなたも購入できますぞ。

DSC_1514.JPG

ちなみにねぎの手に入れたシンクロナスモーターの軸は円柱の半分がごそっと削られたような、半月型の軸でした。

 

DSC_1519.JPG

基盤にねじ止め用の穴をドリルで開けます。

板が硬いのでけっこう苦労します。

DSC_1520.JPG

途中経過を写真に撮るのを忘れてしまうという、工作系ブログあるあるをやらかしました。

コンセントケーブルとシンクロナスモーターのケーブルの被膜を剥いて端子でかしめて圧着の後、絶縁テープで保護。

シンクロナスモーターを基盤にねじ止めして固定。

結束バンドでコードを固定して完成です。

DSC_1512.JPG

あとは説明書に従ってチャックを組み立てます。

DSC_1516.JPG

ビニールチューブを被せるのが少し面倒だけど、難しい工程は一切なし。

DSC_1518.JPG
シンクロナスモーターの軸にチャックをねじ止めして基盤完成です。

twitterには既に動作確認のための通電動画がアップされていますが、問題なく回りました。

あとは対板の加工を残すのみです。

それは第3回に書こうと思います。

次も読んでね~(*´艸`*)

【フィニッシングモーターを作る第1回はこちら】

【フィニッシングモーターを作る第3回はこちら】

閲覧ありがとうございました。

家庭菜園ブログもやってます。

家庭菜園@山口県のお話
こちらも宜しく(´艸`*)

-工作
-