ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

短くて軽量なロッドを作る練習【3】

2017/06/29

フィッシンググローブが欲しい!

LSDデザインから新発売となるグローブがあるようですが、発売はいつなのかな……

どうせ買うなら……ね、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

【第2回はこちら】

ということで、ロッドクラフトの続きであります。

第2回はリールシートの材料をバラバラに分解するところまで進めました。

DSC_2125.JPG

メタルフードはニッパーで剥ぎ取ってしまいましたので、プラスチック素材のみとなっています(一部金属リングが残ってます)。

この部品だけだと、イマイチ強度もなさそうだし、見た目もイマイチ。

ということで、これまたkazuki氏に倣ってカーボンロービングとエポキシでの飾りおよび構造強化作戦。

メタルを剥いだパーツはさらに細かく分解出来たりするみたいですが、いろいろ弄っている間になんだか不格好になってしまいましたので、おもいっきり短縮させてみることに。

すると、カーボンロービングを巻き付けるだけの溝?が無くなってしまいましたので、ルーターを使って溝を掘ります。

結果的に僅かですが軽量化にも繋がっていそう、という甘い考え。

DSC_2161.JPG

カーボンロービングはあまり張りやコシのある素材ではなく、若干の癖こそ付くものの、割とさっくりと切れてしまったり、毛羽立ったりするような素材の様子。

少々扱いにくいなぁなんて思ったりもしましたが、適度に巻き付けてエポキシ1回目。

1日回して硬化を確認後、2回目を塗布。

DSC_2168.JPG

しっかりとエポキシを盛ることで、膨らみのある素敵な見た目に仕上がりそうな予感です。

DSC_2169.JPG
アーバーもルーターでゴリゴリと削って、良い感じに収まるようになりました。

本当は2回目のエポキシ硬化と一緒に回して時間の短縮が出来ないかなぁ……なんて思ってもみたんですが、それをしてしまうと構造上組み立てられないということに気付きましたので、いろんな意味で助かりました。

現在2回目のエポキシの硬化待ち。

 

ブランクにラインを巻いて簡単な飾り巻きの後、アーバーやワインディングチェックをうまいことブランクに固定すればリールシートの出来上がりです。

ついでにエンドのEVAも一緒に取り付けてしまいましょう。

ここまで出来れば、あとはガイドセッティングを残すばかりです。

早く振ってみたいものですね。

【第4回はこちら】

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

-工作
-,