狙いのポイントでアジング

2021年3月22日

頭痛が痛い……。

いつもの如しですが、なかなか慣れないもんです。

すっきりフレッシュに過ごしたい、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

今日を乗り切れば何とかなりますのでね、フルドーピングで強制的にスイッチ入れて頑張ります。

 

先日は秀星さんの計らいもありボートアジングとなりましたが、今回は行ってみたかったポイントへ行ってみることに。

えんやこら、少々距離がありますが、のんびりとドライブ。

雨がけっこう降っておりました故、きっとポイントは貸切のはず、と期待。

 

ポイント到着、一度立ち寄ったことはあるものの、時間の都合で投げることの無かった某ポイント。

期待通り先行者はなし。

常夜灯はぼんやりと薄暗いですが、新月ってこともあり、それなりに効いてそうな雰囲気はアリ。

この前から修行中のベイトタックルに1.8gのジグヘッドを結んで挑戦。

 

海に向かって、左方向は右に、右方向は左に、正面は手前側へ流れる潮。

正面から当てて、両側に払い出してるような感じですかね。

結構潮は早めで、1.8gでも潮に流されるような感じ。

PEってのも幾らかあるでしょうが、このタックルセットなら1.5g~ってところでしょうか。

 

いろんな所にキャストしてはアジの居場所を探します。

正面の当ててる所は、グリグリとリーリングしてやらないとリグがどんどん沈んじゃうんで、レンジをキープ出来るように巻いていきます。

いろいろやってみたところ、どうもアジはこの当ててる潮の中に居るようです。

レンジも多少入れてやらないとバイトに繋がらず、左右の払う潮に載せちゃうとバイトが出ない。

アタリは割と明確に出て、リグの重みが抜けるようなアタリがほとんど。

しっかりと合わせてやらないとフッキングしないので、違和感を感じて掛けにいく釣り方。

これは自分好みの楽しいアジ釣りであります。

 

しばらく投げているうちに、ベイトキャストにも随分慣れてきまして、なんとなくコツが掴めたように思います。

潮流やバイトの変化を手感度で表現してくるロッドの面白さにハマっちゃって、土砂降りの酷い環境ながらも軽くつ抜ける程にアジ釣りを楽しんでしまいました。

たくさん釣れちゃいました。

どうやって食べましょうかね?

そこそこサイズもあるので、またアジフライかなぁ……。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。