山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

短時間釣行とごみ拾い

投稿日:

今朝目を覚ましてからというもの、なんだか喉の調子が宜しくありません。

朝晩冷え込みますしね……。

大風邪ひきませんように、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

この前も言っていましたが、シーバスが食べたいんです。

お刺身とか漬けとかにしたいんで、狙うは40-50cmくらいのシーバス。

ふと気になって確認したタイドグラフ。

IMG_-h53iyk.jpg

おぉ、今じゃないですか!

シーバスが居れば釣れるはずの第2ホーム。

タイミング的にはまさに今です。

 

が、時は21時。

晩ごはんを食べ終えて家族団欒ゆっくりしているタイミング……出るに出られん( ;∀;)

少し考えましたが、寝るまでには少し時間がありますのでね。

オヨメにお願いして、すぐに帰ってくるってお約束で許可を頂きました。

 

時間は無駄に出来ません。

急いで準備して第2ホームへ。

 

……風無し、波無し、雰囲気無し。

これはまずいな……釣れそうな気配がこれっぽっちも感じられん(´-`).。oO

にしてもなんだいこのゴミたちは……。

 

先行者はありませんでしたので、ごみ拾いはとりあえず後に置いといて、今のタイミングのはずの海にルアーを投げ込みます。

居るならココ、のポイントにルアーを通していきますが、チェイスすら見えない。

こりゃあダメだ、完敗ッス。

 

釣りは正味30分程度だったかな……。

粘っても釣れないのが特徴の第2ホームですから、諦めもつきます。

 

で、ごみを集めるんですが……。

DSC_0060.JPG

ちょっと引きますね……。

何をしたらこうなるのか。

DSC_0061.JPG

釣りゴミが大量です。

幾度も書いていますが、釣りゴミだけは捨てたらダメです。

釣りゴミ以外ならいい、とかそういうんじゃないですがね。

釣りゴミは釣りをする人しか出せない、一般から「釣り人」が出したゴミと特定されてしまう最悪なゴミです。

 

小さな漁港ですが、地元の人たちには非常になじみのある場所でして、近所の方々のお散歩コースになっていたりします。

また、漁業をされている方々の船も多く停泊されている場所です。

この場所の近くに住む高齢の方々の多くは漁業に関わってこられており、この場所をとても大切にされておられます。

そんな場所にゴミが捨てられている、ってのはとても悲しいし、悔しいし、嫌な気持ちになるんじゃないでしょうか。

仕事の都合、この海域で漁師を営まれていた方々とお話をさせて頂くことがよくありますが、みんな揃って海に対しただならぬ思いを持っておられます。

 

どの場所でもそうだと思うんですが、その場所に馴染みがあったり、思い入れがあったり、そういう人たちが少なからずいるはずです。

やはり、大切にしているモノ、場所を汚されていい気分になる人はいないんではないかな……。

 

画像の他にも多量のペットボトルや空き缶などがありましたが、ちょっと対応できる量ではありませんでした。

いつものマイルール、拾えるぶんだけ拾う、を適用します。

誠に勝手な判断ですが、釣りゴミを優先して拾わせて頂きました。

繰り返しますが、釣りゴミは釣りをする人からしか出ないゴミ。

こういったゴミが放置されると、「釣りはさせないようにしよう」と釣り禁止や立ち入り禁止の措置を取られてしまいます。

 

サカナは釣れないし、ゴミは酷いし。

なんだかちょっと寂しくなる釣行でした。

お願いします、ゴミは持ち帰りましょう。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-海水釣行
-,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.