山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこドットコム

ワカサギ調査2019

投稿日:

金ちゃんのパーツが届きました。

コツコツと……いや、一気に作っちゃうだろうな。

早く使ってみたい、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

黄色いボタンを押すとブログの更新通知が届くよ!

 

金ちゃんベイト化がいよいよ進行です。

既に幾らか作業を進めてますが、そちらの状況はまた別記事で。

 

さて、思い立ちまして、のワカサギです。

だいぶ寒くなってきましたね、って言い始めると意識し始めるワカサギですが、釣りモノがまだまだ多い時期ですのでね。

2月に行われるであろうワカサギ釣り大会に今回も行きたいって子供たちが言ってくれてるのは嬉しい限り。

そんな話を随分前に職場で話してると、同僚が「うちの子も釣りをやりたいって言ってる」とかなんとか。

オフショアでたくさん釣れた時におすそ分けをしてたりしてたんですが、その家の子供たちからは「魚釣りのおいさん」なんて呼ばれてたりするもんで、勝手に釣りの先生みたいな感じの位置づけらしいです。

ワカサギ大会の話を振ってみると、是非とも参加してみたいとのこと。

出来れば大会の前に1度ワカサギ釣りを体験させておきたい、なんていう思惑もあるそうな。

 

前置きがちょっと長くなりましたが、今回のワカサギで確認したかったことはふたつ。

ひとつ、ワカサギは始まってるのか。

ひとつ、ファミリーフィッシングセットでワカサギが釣れるのか(アタリがわかるのか)。

 

体験して貰うからには、出来れば楽しく釣れた方が良いですしね。

同僚の希望としては、ファミリーフィッシングセットで出来る範囲の釣りを、かつ失敗体験があまり無いように、ってことらしいので。

失敗体験がどこまでか、ってのもアレですけどね。

個人的には釣れなくてもそれなりに子供たちは楽しんでる気がしますので、それはそれでいいんじゃないかな、ともね。

 

ということで、今回は前回の釣り大会のために購入した1980円のファミリーフィッシングタックルでワカサギに挑戦です。

けっこう硬めのロッドにオモチャみたいなリール、癖つきまくりの太めのナイロンです。

大して難しいことはしないので、釣りは成立するって予想。

 

昨シーズンに使ってた仕掛けをそのまま。

餌はいつもの紅サシちょん掛け、先っちょカット。

 

少しずつタナを落としてワカサギ探し。

癖のついたライン故にスムーズに落ちて行かないですが、5gほどの錘でもなんとかなりますね。

おー、3mラインで釣れました。

かなり小さいですが、今季初モノであります。

リールが右巻きなもので、物凄く不器用な感じの釣りになってますが、それでも釣れます。

 

もう一度同じタナでサーチ。

3連!

今日はここら辺で良さそうですね。

タナがだいたい分かったら、タナまで仕掛けを落として、リールのラインストッパー?にラインを噛ませればあとは落とすだけ。

 

トントンしてた方がアタリは多いですね。

フワフワやステイでも釣れるけど(笑)。

紅サシパワーが切れると、途端にアタリが無くなります。

素直に餌を交換するのがよろしい。

2紅サシパワーでこのくらい。

サイズは今からかな大きくなるのかな?って感じですが、数はそこそこ飽きないほどに釣れますね。

 

近いうちに同僚に声を掛けてみよう。

子供たちの良き体験になると嬉しいんだけどね。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク

ボタンを押すと更新通知が届くよ!






-淡水釣行
-

Copyright© ねぎねこドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.