山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

ワカサギ開幕してました

投稿日:

なかなか寒暖の入れ替わりも激しく、季節も移ろう候。

みなさま体調いかがでしょうか?

たくさん寝て少し体力回復、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

さて、昨晩は風邪気味ってこともありまして、晩ごはん後にはうだうだと床に臥せつつ……という時間を過ごしておりました。

行こうか行くまいか悩んでいたワカサギ調査ですが、目が覚めたのも何かの御縁ということで出発。

ポイントに向けて約15分ドライブ……ふと思い出す大事な道具……(´-`).。oO(忘れてる……

普段の釣りならどうにかなる(ならない時もある)んですが、ことにワカサギ釣りとなるとハサミは必需でして……。

他にも思うことがあったので一旦帰宅、ハサミを手に取り再出発。

 

ポイントに到着。

流石に時期的なものもあってか、先行者は不在でした。

仕掛けは昨シーズンに使ったものがきれいに取ってありまして、十分再利用可能な状態。

紅サシ頭チョン掛け、尻尾にハサミで切り込みを入れます。

ベイトフィネスタックルにてスタートです。

 

集魚までに少々時間が掛かりましたが、定例の割と表層寄りにてヒット。

今期初物を無事にゲットであります。

水温はまだまだ下がりきっていないこともあり、時折小さいブルーギルも混ざります。

水温が高いと紅サシパワーが早く切れてしまう説は正しいのかわかりませんが、冷え込んでいる時と比べるとやはり餌持ちが悪い気がします。

1紅サシパワーがだいたい30分持つか持たないかってくらい。

紅サシパワーが切れると途端に当たりが無くなりますので、ケチらずに早めに交換するのが吉。

出来れば同行者が居たりすると、餌を水中に浸けているだけで集魚効果は持続しそうなので、効率的かも知れません。

紅サシ交換に数分掛かってしまうので、その間に散ってしまいますね。

DSC_0177.JPG

ぼちぼち切れ間なく釣れちゃうもんで、なかなかやめ時が分かりません。

これが最後の紅サシ……と決めてから見つけた新技。

ちょいキャストからのテンションフォールにパワー切れ紅サシにヒットします。

このままじゃいつまで経っても終わらないので……時間を決めて終了です。

 

調査との名目でしたが、ほどほどに釣れましたね。

まだブルーギルがしっかりと動けているので、もうちょっと冷え込んでくるとワカサギが本格的にスタートかな、っていう感じ。

なかなか地味な釣りですが、こういう釣りはけっこう好きです。

イカメタルにも通ずるものがありますね。

楽しい時間が過ごせました。

釣り欲ちょっと回復ですね、また行きたいです。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-淡水釣行
-

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.