山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

ちょっと某ポイントを覗きに

投稿日:

少しずつ仕事に押されてきてます。

日々のルーティンワークが完結できない日が増えてきてます。

これは良くない傾向、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

その日のうちに終わらせられる仕事はさっさと片付けてしまうのが鉄則ですが、なぜだか疲れがどっと出てしまう毎日です。

これが常になってしまうと、いつかひどい目にあうので、早めに改善しないといけません。

 

さて、本日はなかなかな強風と横殴りの小粒雨っていう天気でしたが、お構いなしに保育園のバス遠足が開催されたようです。

遠足に持っていくお弁当ですが、なにやらフルーツなどを付属させてください的なお願いが以前あったもので、それの買い出しに昨晩出ました。

イチゴを選択したのですが、まぁ高いですね。

この冬は野菜が随分高かった気がしますが、フルーツもまぁ高い。

困ったものですね、一時生産者のことも考えると無下にできませんしね。

 

ということで、先日来より気になっていた某ポイントなんですが、買い物ついでに覗いてきました。

春の訪れとともにふらりと大型のコウイカが漂ってくるポイント。

居たり居なかったりなもんですから、ちらちらと様子を窺うのが鉄則であります。

今回は姿は見えませんでした。

 

せっかく出てきたので、コウイカは諦めてメバルを探してみます。

一応プラグも装備はしていましたが、1回もキャストしていません。

ここ最近、ワームでのメバリングがちょっと楽しいんですよ。

 

個人的な感想ですが、ワームの代わりにプラグを使うことは出来ても、プラグの代わりにワームを宛がうことは出来ない、と思ってます。

基本的に「浮く」ワームが非常に少ないのがその結論を導き出していますが、メバルにおけるプラグゲームの最大の強みは「浮く」に代表されるような、一定のレンジで漂っていられることにあります。

ストラクチャに着いていない、浮いているメバルっていうのは基本的に上を向いてサスペンドしていたりすることがありますので、ワームなりプラグなりを一定層を潮の流れに合わせて漂わせることが重要になってきます。

 

多くのプラグはトリプルフックを抱えていますので、何かしらのバイトアクションに良くも悪くもセミオートにフッキングします。

むしろ合わせを少し遅らせるくらいでないとバイトを弾いてしまうことも多々。

対し、ワームの多くはジグヘッドと組み合わされますので、シングルフック(?)であることが多く、シルエットの小型化が図れますので、自然とメバルの口の中に吸い込まれやすいという特性があります。

 

しかし、ジグヘッドは概ね沈む構造にありますので、本当の表層をゆっくりと引いてくるのは至難の業であります(フロートなどを用いたサブフェースを引っ張るような操作は可能)。

しからば軽量ジグヘッドで、ということになりますが、そうすると飛距離が稼げない。

現時代のルアーゲームにおいて、対象魚の居るところにルアーを届けるというプロセスは、サカナを釣るための絶対条件ですので、オカッパリにおいて飛距離が稼げるのは正義です。

 

こう考えると、プラグって何かと好都合なことが多く思えてきて、ここ数年はメバルゲームの主体はプラグに置き換わっていたんですよね。

飛距離稼げるし、ある程度オートマチックにレンジも刻めるし。

 

別に難しい釣りが好きなわけではないんですが、ワームゲームの面白さを再認識した、っていうような感覚です。

DSC_4576.JPG

0.8gにドラゴンテイル1.2inchのメバル。

下から突き上げるような、サスペンド系メバルのお手本のようなバイト。

がっつり咥えられています。

DSC_4579.JPG

今回の最大魚。

0.8gにドラゴンテイル1.5inchの組み合わせ。

以前も書きましたが、ドラゴンテイルはワームマテリアルの関係もあり、ワーム自重が結構ありますので、飛距離が稼げます。

の割に、沈下速度は遅いので、先に列挙した【一定のレンジを流していく】ことに関しては強みがありますね。

DSC_4581.JPG

最後の1匹。

潮下から潮上に向けて流していく、リグが浮き上がりやすい状況。

堤防際でしたので、少し潮の乱れもあったように思います。

リーリングは極々ゆっくり、ほぼステイさせるような巻き方に当たりました。

ワームを追ってくるような動きも見えましたので、流れてくるベイトを待っているというよりは、小魚など遊泳力のあるベイトを狙っていた個体かも知れません。

 

ついつい面白くなっていろいろ試してみたくなりますが、流石に明日も仕事……ということで早めに納竿。

もう少し暖かくなると楽しくなってくると思うんですけどね……、メバル。

プラグでは味わえない楽しさがワームゲームにはある、というお話。

別にどちらかが優れているとかそういうわけではなく、どちらもそれぞれの楽しみ方があるね、って思った次第です。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

スポンサードリンク



-海水釣行
-, , , ,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.