ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

【告知】第7回周防大島清掃活動 参加のススメ

2017/06/29

いよいよ週末を迎えましたね。

ワタクシにもゴールデンウィークがやってまいりました!

釣りには行けるのかな……、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

ハイ、今回は清掃活動の告知です。

 

【第7回周防大島清掃活動】

日時:平成29年5月6日(土)9時00分~概ね昼頃

集合場所:周防大島 椋野漁港

持ち物:トングみたいなやつと軍手(軍手は貰えるかも知れません。ゴミ袋は現場支給されます)

主催:瀬戸内海と釣り場を守る友の会

1488172122088.jpg
写真は前回実施の【第6回周防大島清掃活動】の時のものです。

 

ゴールデンウィークということもあり、家族と一緒の時間も大切……しかし、釣りの未来も大切……。

しからば、家族を連れて馳せ参じようではないかε٩( ºωº )۶з

ということで、今回はオヨメサマと子供たちを連れて参加してみようかと思ってます。

 

本活動も7回を数えるまでになりました。

過去のすべての活動に参加出来ているわけではありませんが、企画・運営されておられるスタッフの皆さんには毎度お世話になっております。

いつもこういった記事を書くときには述べているわけですが、偽善でも良いからやってみれば?って話です。

あれこれ言い訳を考える前にやってみるのも悪くありません。

やってみて見えてくることもあります。

「釣り人が清掃活動をしている姿」を、他の釣り人や非釣り人に見てもらうこと自体に意味があります。

 

ひとりでは何だか恥ずかしくてゴミを拾って歩くのが躊躇われることってありませんか?

独りで拾ってると、「あいつ何カッコつけてやがんだ?」なんて思われると思ってませんか?

正直なところ、釣り場でひとりでゴミを拾うのって、結構勇気が要るもんです。

なんでか知りませんが、ゴミをポイっと捨てるのがデフォっぽくて、拾ってるやつがアウェーな感じです。

 

こんな時こそ集団心理を利用してしまいましょう。

みんなで拾ってると、アウェー感は全くなくなります。

何なら楽しささえ覚えてきます。

そうやってゴミを拾うことに慣れてしまうと、ひとりでも拾えるようになってしまいます。

 

ほんのちょっとの気持ちなんです。

釣り場に出向いた時、全部のゴミを拾って帰る必要はありません。

最低限、捨てないで帰ってくること。

出来るならば、ついでに何か一つ拾って帰る。

それだけでも十分かと思います。

そういった人が増えることで「捨てない環境、捨てにくい環境」を育てることが出来ます。

釣りの出来る未来を作ります。

 

ちなみに、前回実施分から【協賛品】を正規に募ることを明言されました。

活動開始当初の活動理念を聞いておりました故、こっそり(とはいうけどかなり大々的に)行われていたジャンケン大会のことなんかは伏せておりましたが、これで大きな声で言えます。

 

「参加すると何かもらえますよ(笑)」

 

他のブロガーさんなんかも発信されて居られる方が多数ありますのでご存じの方も多いかと思います。

ハイ、ワームやら何やら、いっぱい貰ってます(笑)

個人的には「貰えるなんてラッキー」程度だったりはしますが、「ワーム貰えるなら行く!」って感じでも良いと思います。

まずはやってみることです。

とっかかりってのは大事です。

釣り場を守る、釣りの未来を守る、そんな足掛かりのための活動であって欲しいと願っています。

 

何かと忙しいタイミングではありますが、お時間の許す方は是非参加してみてください。

毎度書きますが、「思ってた以上に楽しい」です。

当日参加される方々、お会いできるのを楽しみにしております。

臆病者なので、見つけたら「おい!ねぎ!」って突いてやってください(笑)

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

-雑記帳
-, , , ,