山口県中部を中心とした釣行記です。釣り人のマナーアップを図り、釣りに対するイメージアップや釣り場の保護・拡大を目指します。BIOVEXフィールドスタッフ任期中です。

ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」

イカと小松菜のトマトリゾット【素人男子でも作れる簡単レシピ】

投稿日:

久し振りにお料理ブログを書きましょう。

冷凍庫でカチカチになっているイカを使います。

得意分野はイタリアン(2回目)、ねぎです。

 

毎度の訪問、ありがとうございます。
ブログ村ランキング参加中。クリックで応援!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
 

さて、今回はリゾットです。

少々面倒臭いのですが、しっかりと手順を先に読み込んでおくと作りやすいと思います。

やること自体はそんなに難しくはありません。

混ぜるだけです。

 

★材料(5人分)

イカゲソ 10パイ分、玉ねぎ 1/2個、小松菜 3束、カットトマト(缶) 150g、米 2合

水 1リットル、酒 200cc、コンソメ 2粒、バター 30g、塩 少々

DSC_5324.JPG

 

★備考

先にも書きましたが、手順を先に全て読んで、一連の流れを把握しておきましょう。

メインのフライパン(鍋)の温度をキープできるようにするのがポイントです。

 

★作り方

①スープを作ります。

水、カットトマト、コンソメ2粒を入れて、火にかけます。

使い切るまで常に火にかけておき、温かい状態をキープしておきます。

DSC_5325.JPG

②玉ねぎをみじん切りにします。

DSC_5326.JPG

③イカゲソを食べやすい大きさに切ります。

DSC_5327.JPG

④小松菜を4-5cmほどに切ります。

DSC_5328.JPG

⑤大きめのフライパンまたは鍋を中火にかけ、バターを入れて溶かします。

DSC_5329.JPG

⑥バターが溶けたら②の玉ねぎを入れて、軽く透き通るまで炒めます。

バターの香りをしっかりと玉ねぎに移しましょう。

DSC_5330.JPG

⑦玉ねぎが透き通ってきたら米を全て加えて炒めます。

ねぎさんは米を洗わずにそのまま投入しますが、気になる方はさっと軽めに洗っても良いと思います。

米が吸水してしまわないように、なるべく短時間で洗いましょう。

バターと玉ねぎの香りをしっかりと米に移します。

無駄な水分を吸水させてしまうと、バターの香りがうまく乗りません。

DSC_5331.JPG

⑧米が透き通ってきたら、酒を全て加えます。

米が酒を吸っていきます。

酒の水分が少なくなるまで炒めましょう。

水分が少なくなってきたら、強火にして水気を一気に飛ばしつつ、フライパンを加熱します。

DSC_5332.JPG

⑨①のスープを500cc程度加えます。

フライパンの中身の温度が下がらないよう、スープがふつふつと泡を発する程度までは強火をキープします。

この時点で③と④も加えます。

全体的に火が通ってきたら、軽く泡が沸くくらいの弱火にして、じっくりと米を炊いていきます。

DSC_5333.JPG

⑩水分が少なくなってくると、底の方が焦げることがありますので、適宜ターナーなどでかき混ぜましょう。

水分が少なくなってきたら強火にして、次のスープ投入に備えてフライパンの中身の温度をあげます。

DSC_5334.JPG

⑪①のスープの300ccほどを追加で加えます。

⑨⑩と同様に作業を進めます。

DSC_5335.JPG

⑫米の炊き具合を確認します。

米の味見をしましょう。しっかりと芯が抜けていればここで塩で調味して完成。

米がまだ硬いようなら、①の残り200ccを調整しながら加え、もう1度⑨⑩の過程を行います。

程良い硬さになるように炊き進め、最後に塩で調味します。

最後の仕上げ、強火にして水分を一気に飛ばしましょう。

DSC_5336.JPG

⑬皿に盛って完成です。

DSC_5337.JPG

お好みで粉チーズなどをふりかけてもよろしいかと思います。

 

トマトの酸味のありようによって、完成したときの味に少々差が生じますが、いろいろ試してみるのも良いかと思います。

もし良ければ試してみてください。

 

閲覧ありがとうございました。

【釣り人としての在り方】
こちらも宜しくお願いします。

 

スポンサードリンク



-いただきます
-,

Copyright© ねぎねこの「山口県で釣りをするブログ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.